タグ「テルマエ・ロマエ」が付けられているもの

今度は元老院の罠にはまるルシウスだが,盗賊達を動かして温泉街を作る.確かに温泉街には,普段は絶対に買わないようなものが色々あるな.


【送料無料】テルマエ・ロマエ(3)

【送料無料】テルマエ・ロマエ(3)
価格:714円(税込、送料別)


成金趣味のおやじに悩まされるルシウス.タイムスリップした先には同じく成金趣味のおやじにハデハデなローマ風呂を作るように命じられて困惑する日本の風呂設計師のお兄さん.言葉は通じない二人だけど,ルシウスは日本人にローマ風呂の構造を教えたりして,なんとなく通じ合い,仲良くなっていてほのぼのする.


|

一巻を読んでいるうちに段々飽きてきたので,どうせすぐにネタ切れになるだろうと思っていたけれど全然そんなことは無かった.

あいかわらず,ちょっとしたきっかけで現代日本の風呂にタイムスリップしてしまうルシウス.


【送料無料】テルマエ・ロマエ(2)

【送料無料】テルマエ・ロマエ(2)
価格:714円(税込、送料別)

今回は,元妻に会いに行く,温泉の熱を利用してワニの飼育とバナナの栽培を試みる,公衆浴場での入浴マナーを守らない外国人に入浴の仕方を伝える,次期皇帝候補者のルキウス・アエリウス・カエサルの人気取りのために風呂を設計する,旧式の浴場を経営している人達の生き残りのためにスタンプラリーを始めるなど.

金精信仰のご神体がばーんと登場したりするが,下ネタというよりは,まあ日本の伝統の一つだし構わないのではないかと.

追記:そう言えば,川崎の方でテルマエ・ロマエと銭湯がタイアップをした企画みたいな物があるとかいうニュースがあったなあ.銭湯を制覇するとTシャツがもらえるとか何とかいうような感じの.

|

新聞の書評欄に載っていたので,買ってみた.
お風呂の設計に関して悩んでいると,現代日本の風呂場にタイムスリップしてしまう主人公ルシウス.で,見聞きしたものを採用するうち,皇帝にまで呼び出される人気のお風呂設計者になってしまったという感じ.

テルマエ・ロマエ(1)

テルマエ・ロマエ(1)

価格:714円(税込、送料別)


タイムスリップした先ののんびりとした平たい顔族(日本人)が良い味を出している.

外国の人から見ると日本の風呂はそういう風に見えるのか,という辺りが分かるような感じで面白いとは思うのだけど,楽しいかと言えば微妙なところだ.各話が基本的に同じパターンなので,最後のほうは飽きた.

笑えるという点では聖☆おにいさん(5)とかの方が上かな.



|
1

最近の読んだ本の紹介はインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。