タグ「メダカ」が付けられているもの

野生のメダカがどのような一年を送るのか,豊富な写真で紹介している.

レンゲの花が咲くあぜ道や土の用水路など,いかにもメダカが生息している場所の様子がよくわかる.

メダカのくらし新装版

発生の様子なら他の本にも載っているが,ヤゴやゲンゴロウに襲われるメダカ,氷づけになって死んでしまったメダカ,水があまりない斜面をさかのぼるメダカ,縄張り争い,受精などの様子も載っており,メダカの生態がわかりやすい.

漢字には読み仮名が振ってあり,小学生でも読めるようになっている上,内容はとても良いと思う.子どもに読ませたいと思える本だった.

一応,メダカの飼い方も載っている.


春のおとずれ
流れをのぼるメダカたち
大きな群れをつくるメダカ
メダカの食事
メダカのなわばり
産卵の前ぶれ
メダカの産卵
メダカのふ化
稚魚の食べもの
梅雨のころのメダカたち等.

|

誠文堂新光社のメダカシリーズ?の一つで写真の使い回しがみられる.
メダカの歴史から,繁殖,巻き貝まで,メダカを飼うことに関連する話題をかなりコンパクトに一通り説明した感じ.
ただ,79ページほどの薄い本に色々な話題を詰め込んだために個々の項はかなり短く,物足りなさを感じるかもしれない.メダカの屋外飼育をしたい人向けと思われるので,屋内で水質や温度を管理してメダカを飼いたいという人には向かないと思う.

日本のメダカを飼おう!

色が違うメダカを混ぜて飼育することは絶対にしないで下さいという趣旨のことが書いてあったが,どうしてそこにこだわる必要があるのだろうか?
もちろん,飼育メダカを池や川に放流するのはいけないと思うけど,何色が生まれても個人で飼育している分にはあまり困らないような気がするが.

第 1章 メダカを飼う前に,メダカの歴史
第 2章 メダカを飼うときの心得
第 3章 初めてメダカを選ぶとき
第 4章 メダカの体の特徴
第 5章 メダカに適した水
第 6章 メダカの餌と与え方
第 7章 飼育用具のいろいろ
第 8章 飼育容器の設置
第 9章 メダカの上手な飼い方
第10章 四季の管理
第11章 メダカの繁殖
第12章 ブランド・メダカ
第13章 病気を防ぐために
第14章 水生植物
第15章 巻貝
第16章 野生メダカ(黒メダカ)の捕獲
第17章 水替えを必要としない飼育法
第18章 よくある質問

|

誠文堂新光社のメダカシリーズ?の一つ.カラー写真が豊富なのだが逆に言うとあまり読む場所がない.同一著者の本の間で写真の使い回しがみられるようだ.
アクアリウムというタイトルがついていて屋内飼育を念頭に置いているような印象だが,水槽の立ち上げ等についての詳細な説明があるわけではない.

アクアリウムでメダカを飼おう!


メダカの受精卵の変化を,1ページに一枚という大きな写真で示しているのが目立った特徴と言えるかもしれないが,それを見て喜ぶ一般人が多数いるのかはやや疑問.むしろ,アクアリウムに関する情報でも載せた方が有用だったかも.


第1章 日本のメダカの改良品種カタログ(ダルマメダカ,半ダルマメダカ,ヒカリメダカ,ショートメダカ,シロメダカ等)
第2章 日本の野生メダカ(黒メダカ)
第3章 メダカ飼育のためのアクアリウム用品
第4章 メダカのアクアリウム飼育
第5章 メダカが暮らす水草のアクアリウム
第6章 メダカの繁殖
第7章 稚メダカの育成
第8章 メダカ・アクアリウムのメンテナンス

|

同一著者のメダカの飼い方の本を買うならこの一冊で広く浅くだが用が足りるような気がするが,同時に物足りなさも感じる.
最近はWeb上の飼育情報の方が詳しかったりもするし.あと,水槽等の最初の設定は別の本があった方が良いかも知れない.
また,誠文堂新光社のメダカシリーズ?の一つ写真の使い回しがみられる.

 ザ・日本のメダカ

Q&Aは長々と書いてあるが,本文を読み直すよりはこちらだけを読む方が手っ取り早く,それなりに役に立つように思う.メダカだけではなく熱帯スイレンの話も載っていたりする.

日本メダカの世界
日本メダカの魅力
原種の日本メダカ
日本メダカの改良品種,アオメダカ,ブチメダカ,シロメダカ,ダルマメダカ,ショートメダカ等
日本メダカの基礎知識
メダカの室内飼育,飼育用品カタログ,水草カタログ等.
メダカの屋外飼育,飼育用品,メダカ池のための水草カタログ等.
メダカの野外採集
日本メダカの繁殖
日本メダカQ&A,後ろの方は白黒.

|

スイレンのカラー写真がたくさん載っているが,逆に言えば写真が多くてあまり読む場所はない.毒々しい模様が入った熱帯スイレンは個人的にはあまり好きになれそうにないが,ものによってはきれい.熱帯スイレンだと水が凍るような所での越冬はやや厳しかったりしないのだろうか?

一応,ダルマメダカやヒメダカなどの写真もあるが,いずれにしても誠文堂新光社のメダカシリーズ?間での写真の使い回しがみられる.

スイレン鉢でメダカを飼おう!

スイレンが好きでメダカも飼いたい人にも,メダカが好きでスイレンを育ててみたい人にもという感じなのだが,全体としては結局どっちつかず(これ一冊ではメダカについてもスイレンについても情報が不足)の印象.

ハスに関する文章での説明は短く一般的なことが書いてあるだけで,栽培の参考にはならないかも.

第1章 メダカの飼育と繁殖
第2章 温帯性スイレンの仲間
第3章 熱帯性スイレンの仲間
第4章 ハスとスイレン
第5章 その他の水生植物カタログ
第6章 メダカの飼育、スイレン栽培Q&A

|
1

最近の読んだ本の紹介はインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。