タグ「読書」が付けられているもの

副題は「1冊10分」のスピードで、10倍の効果を出す いいとこどり読書術.

フォーカス・リーディングというタイトルといい,「1冊10分」というフレーズといい,また怪しい速読術の本が出たかと思ったが,思ったほどは怪しくはなかった.

フォーカス・リーディング

時間を設定し,目的をはっきりさせ,状況認識をせよということらしい.
あとは姿勢を正しくとか,丹田呼吸とか,目の動かし方とかだった.眼の動かし方は実際にやってみると結構大変.力が入っているということなのだろうけど...あと,瞬きの回数が減ってしまうようで,涙が出てしまった.却って目が疲れるかも.

読書の時間を天引きしておこうとか,アウトプットにも投資対効果をとか,複数回読み重ねようとかいうことも書いてあった.

既に比較的まっとうな読書法の本を持っているならば,改めて買う必要はないかもしれないが,
まあ極端に悪くはなさそうといった印象.ただまあ,何回も読み返す価値があるかといえば微妙なところ.

P.53,最近の本がスカスカな気がするのは気のせいではないようだ.1ページあたりの文字数が小学校中学年向けの本と変わらないらしい.うーん,次から次へと本がやたらと出版されるなあと思っていたが,スカスカ本の大洪水か...

理論編
第1講 あなたがはまりがちな"読書のワナ"
「要領のいい読書」と「勘違い系の読書」とは?
本を読むと思考力が衰える?
わかったつもりが成長のジャマをする
たくさん読むから悪くなる
オススメ本には安易に手を出すな!
「がんばって読もう」と思うと本は頭に入らない

第2講 読書に何を求めるのかをはっきりさせる
読書の目的を明確にする
リターンを最大化する読み方を考える
リターンは二系統を意識しよう
TPOを踏まえた読書を目指せ!

鍛錬編
第1講 速読は体育会系のノリで身につける
反復練習なしに速読術は身につかない
目と意識とフォーカスをコントロールする
達人へと至る三つのステージ
体育会系メソッド五つの原則

第2講 「体」を極める
本は立って読め,さもなくば正座だ!
呼吸を感じ続ける
目は前に,心は後ろに
「見る」を極める
フォーカスを変えよう
「読めた」「読めなかった」の間をつかむ
文字はやわらかく包みこめ

第3講 「技」を極める
理解度をシフトしよう
トップダウンでつなごう
擬似的な速読で感覚を磨こう
スキミングとスキャニングを駆使しよう

第4講 「心」を極める
「速さ」の価値を高めよう
2つの△を書いてみよう
TPOで攻略しよう
アンテナと受け皿を育てよう
「1冊10分を完成させよう

実践編 最終講義 フォーカスの力を最大限引き出す読書術

戦略的に"積ん読"しよう
「その先」を見極めよう
重ね読みで「体」を磨こう
無駄なメモは取るな,線と付箋で十分だ
名文の筆者で言葉を磨こう
耳からの読書で言葉をインストールしよう
成長志向で読書を楽しもう

|

 キラー・リーディング 「仕事脳」が劇的に回り出す最強の読書法速読多読省読
字間がスカスカなので読むのに余り時間がかからない.速読,多読,省読とか,考える,まとめる,メモするとか,色々言っているけど結局は他の読書法の本に載っている内容の二番煎じ,三番煎じといったところ.個人的には買って損したと思った.

かけ算になっていないものを×����˜号で結んでいるのがなんか違和感.カタカナ語が多くて分かりにくい.『3000冊読破』って,この人のやっていることは読破とは言わない.『腑分けできる』って解剖してるんかいな?『使い勝手がある』って変な気が?などなど,何だか気持ちが悪い本でもある.本を書く前に日本語の勉強も,して欲しい気が...

要するに,内容は別に目新しくもないし,この人の言葉の使い方は全然好きになれないし,わざわざ買う価値はなかったというのが正直な感想.

本のネット注文は良くないなぁ...

|

図解!あなたもいままでの10倍速く本が読める 図解!あなたもいままでの10倍速く本が読める

かなり薄い本.タイトル通り,あなたもいままでの10倍速く本が読める の図解版ということのようだが,ページを写し取るとかいう表現はやはり誤解を招きそうだ.

わかりやすくなった,といいたいところだが,個人的には買うまでもない本という感じ.ただ,図解になっている分,読む場所も少なく,おおよそのところを把握したいという人にはこちらの方が良いのかもしれない.

あと,前にも書いたとおり,フォトリーディング自体は疑似科学扱いされることもある様子なので一応.個人的にはプライミング効果ぐらいはありそうだけど?という感じ.

こういった本を見て,高い講習に行く人が出ているようだけど,実際に効果はあったのだろうか?

|

あなたもいままでの10倍速く本が読める あなたもいままでの10倍速く本が読める
フォトリーディングを含めた読書法の紹介をしているようだ.
写真のように取り込むというのだけど,映像記憶とは違うようだし,なんだかよく分からない.

一応試してみたが正直なところ効果もよく分からなかった.
もちろん,ぱらぱら全体をめくった後だと本が読みやすくなるような気がするけれど,それはプライミング効果ではないの?

本当に可能なら,実演会などがあってもよさそうな気がするが,そういった話は聞いたことがないし.
ちなみにウィキペディアでは,フォトリーディングは疑似科学の例としてあげられている.

目的意識を持って読むとかいうのは他の読書術の本にも書いてある.

マインドマップというのは知らなかったので興味がわいた.

|

ひと月百冊読み、三百枚書く私の方法 ひと月百冊読み、三百枚書く私の方法

いわゆる速読法の本かと思って買ったのだが,著者の読書法などが紹介してある本だった.もっとも,この本を読んだからといって必ずしも著者のようになれる訳でもないのだろうけど.

中身に関しては,『目的を持って本を読む』などは他の読書法関連の本にも載っており,目新しいことはない.ページの端を折ったり,抜き書きをしたり,スクラップの方法などに関しては,この本を読むまでもなく類似したことを実践していた.

書けなくなった時の対処法も特に新味を感じなかった.全くやったことが無かったのは『模倣』の部分あたりかなあ.あとは新聞を三紙も取っていないことぐらいか.うちにはテレビはないし.

改行も多く,必要な部分は一時間ほどでさらっと読めてしまった感じ.これなら立ち読みで済ませればよかったかも.

|

「超聴き」トレーニング 「超聴き」トレーニング

高速音声を聞き取ったりすると頭の回転が速くなるらしい.文庫本ながらCDが付属しており,2,3,4,10倍速の音声が入っている.速読法の本でよく見かけるようなトレーニングの話も載っているが,分量は少なめだった.

読書方法としては,スキミング,スキャニング,キーワード読み,ワードシグナル法(接続詞に注目),カンバン方式(時間制限をおく)と,三系列の読書(速読・食読・実読)などが書いてあった.

前の方の,量子力学やら脳やらについて『科学的』に書いてある部分などに関しては,私の知識不足か理解不足のせいかもしれないが,必ずしも納得ができる内容ではなかった.

むしろ最後の方の文章の書き方の方が参考になったような気がする.たとえば,

1200字を一単位として思いついたところから書く.
たくさん書きためる.
短いキーフレーズを決め,それを中心に文章を組み立てる.

などなど.

|
1

最近の読んだ本の紹介はインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。