タグ「FX」が付けられているもの

 FXシステムトレード年率200%儲ける投資術
200%などと書いてあるタイトルも,真っ黄色な表紙もなんだか怪しいけど,よく見るとイラストのお兄さんが肩にインコを乗せているので購入(笑).

中身は想像以上にまとも.

著者が試したモデル(というか,たとえばゴールデンクロス,デッドクロス)を指標にするとどうなるかというものや,Excelの関数の例まで丁寧に載っている.

データを入手してExcelの関数を少し使えれば,結構いろいろなことができるらしい.

FX(外国為替保証金)取引の経験はあるが,システムトレードの経験はない人向けにやさしく書かれた本といったところなので,そういった人にはおおよそお勧めできるように思われる.



|

 トレーディングエッジ入門
副題は利益を増やしてドローダウンを減らす方法.著者は利益を増やしてエッジを最大にする方法を世界中のトレーダーに教えている人らしい.

エッジというのは統計的な優位性のことらしい(有意の変換ミスではない).

システムトレーダー向けか?
あるルールに沿ってトレードしたときの勝率やリスクなども算出できないといけないのだなぁ.とはいっても,トレード戦略の期待利益ってどうやって計算したらよいのかよく分からないし.

あとは適度に運動するとか書いてあった.

ただまぁ,本の厚さと値段の高さの割には,文字が大きくて中がスカスカな印象.わざわざこんなに分厚くする必要は全然ないような.

英語をカタカナに直したものをそのまま訳語として使ってしまっているので,意味が分かりにくいところがある.

「ペイアウトサイクル」「ペイバックサイクル」っていうのは要するに調子の良いときと悪いときがあるということ?


最低利益目標=(100-勝率)/勝率 で,これにリスクを掛ければ,損益がトントンになる利益がいくらなのか分かるようだ(P.70.表現のおかしさはこの際無視).

本の例だと,勝率45%で100ドルのリスクを取るなら,122.2ドルがリスクに見合った利益ということになり,この手前で利食いをするのは良くないということだが,これは他の本にも書いてあったなぁ.


|
1

最近の読んだ本の紹介はインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。