数式を使わないデータマイニング入門(新書)

数式を使わないデータマイニング入門 数式を使わないデータマイニング入門

データマイニングとはどんなモノか,ほんのさわりの部分だけでも理解したい方向けという印象で,本当に数式が出てこないが,読んだからといってデータマイニングが出来るようになるわけではなさそう.

中身としてはは,回帰分析,決定木,クラスター分析,自己組織化マップ(コホーネンマップ),連関規則(連想規則,相関規則),ニューラルネットの簡略な説明.最後の方に情報管理,監視社会の話が出ている.

前書きの所に,『「最小二乗法が説明できる」,「クラスタ分析は仕事でやっている」という方には簡単すぎる』という趣旨のことが書いてあるが,全くその通りだと思う.少しでも多変量解析などを勉強したことがある人は読まなくてもよいかも.

モビルスーツのクラスタ分析には笑ってしまった.自己組織化マップはよく分からなかった.

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 数式を使わないデータマイニング入門(新書)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://edodes.com/mt/mt-tb.cgi/342

コメントする

このブログ記事について

このページは、2007年1月10日 00:00に投稿した読んだ本の紹介です。

ひとつ前の読んだ本の紹介は「ビジネスチャンス発見の技術」です。

次の読んだ本の紹介は「よくわかる多変量解析の基本と仕組み」です。

最近の読んだ本の紹介はインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。